ミドルボイスとかミックスボイスって何?

スポンサーリンク

ミドルボイスとかミックスボイスって何?

高い声が出したい!高い声を出せるようになって色んな曲を歌いたい!

高校生の頃カラオケにハマった私。カラオケは楽しいけども、高い声が出せず悩んでいました。ひたすら高い曲に挑戦して喉を鍛えているつもりでしたが、何年経っても音域は伸びなかったのです。

20代半ば頃。インターネットに触れる機会が増えていました。高い声の出し方について調べていた中、ついにみつけたのがミックスボイスというもの。

ミックスボイスとは

・地声と裏声を混ぜた声

・地声の響きを持った裏声

・換声点を隠すスタイル

このような説明がなされていますが、『ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト 養成術』の本に出てくるミドルボイスについても同じようなことが言われています。そのためミドルボイスとミックスボイスは混同され、同じ意味合いで使われていることが多いです。

厳密にはミドルボイスが声の種類を指しているのに対しミックスボイスは歌唱法を指しており違うものなのですが、インターネットではミドルボイス=ミックスボイスという現状があります。

まぁ同じ意味で使っている人が多いですし、呼び方の違いだと考えても良いと思います。ちなみに現在インターネット上ではミックスボイスの呼び方の方が圧倒的に多いようです。

このページではミドルボイスとミックスボイスを分けて厳密な説明をしたいと思います。

ミドルボイスとは地声と裏声を滑らかに繋げるために必要な声なのです。地声で高い音域を歌おうとすると声がひっくり返ったりしませんか?

地声だけで発声し音程を上げていくと必ず声の出せなくなるポイント、裏返ってしまうポイントにぶつかります。これを換声点ブレイクポイントと呼びます。

私の場合はmid2G辺りの音の高さに換声点があります。そのため、換声点にぶつかる前に地声からミドルボイスへ声の出し方をシフトさせるのです。それをしないと高音域は安定して歌えませんし、地声で出そうと無理すれば喉を傷めます。

ミドルボイスを使うことで換声点をスムーズに通過出来るようになるのです。そして換声点より上の音域も地声のような強い響きをもつ声で歌えるわけです。プロの歌手の多くがこのミドルボイスを使って歌っています。ミドルボイスのことを知らない人はその歌声を地声だと判断してしまうと思います。かつての私がそうでした。

低い方から順に

・チェストボイス(地声)

・ミドルボイス(地声と裏声を混ぜた声)

・ヘッドボイス(息漏れを抑えた芯のある裏声)

・ファルセット(息漏れのある裏声)

大きくわけるとこうなります。

音域ごとにこのこれらの声を使い分け低音域から高音域までを滑らかに繋げ一本化するのです。これがミックスボイスと言う歌唱法であり歌の上手い人のほとんどはこれが出来ています。この一本化の完成度が高いと歌のどこで チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイスに切り換わっているのかがわかりません。

スピッツの草野さん、槇原敬之さん、小田和正さん、平井堅さんなんかは特にそうだと思いませんか?

高い声で歌うにはミックスボイス歌唱が必ず必要となるのです。

ミックスボイスを出の出し方①へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました