Mr.Childrenのおすすめアルバムを5枚選んでみた!

スポンサーリンク

Mr.Childrenのおすすめアルバムを5枚選んでみた!

ミスターチルドレン

バンド名は響きを重視して付けたものであり、当初は深い意味はなかったそうだが、後に『大人から子供まで幅広く聞いてもらいたい』という意味としている。

・ボーカル:桜井和寿

・ギター:田原健一

・ベース:中川敬輔

・ドラム:鈴木英哉(愛称ジェン)

この4人で構成されるバンドです。

1992年にメジャーデビューを果たしたMr.Children

今やバンドの名前の通り、私よりもっと上のおじさん、おばさんから若い子達の間まで本当に幅広い世代に人気がありますよね。

現在までにオリジナルアルバムを19枚、ベストアルバムを5枚リリースしています。

自分なんぞがおこがましいのですが、ミスチルをあまり知らない人向けに個人的おすすめオリジナルアルバムを5枚、簡単にですがご紹介させて頂きます。

 

4thアルバム『Atomic Heart』


Atomic Heart

まず最初にご紹介しますのは『Atomic Heart』です。こちらはトリプルミリオンセラーを記録しておりミスチルの中で最も売れたCDでもあります。

インストゥルメンタルの『Printing』から始まり『Dance Dance Dance』への流れで一気にノリノリになれます。ライブでもこの流れはお決まりのパターン。

『ラブ・コネクション』は懐かしいサウンドでこちらもライブで盛り上がる曲です。

大ヒットシングルの『innocent world』『CROSS ROAD』はきっと聴いたことがあるでしょう。

不気味なイントロで始まる『ジェラシー』はクセになる曲だと思います。

『雨のち晴れ』は自分の生活について考えさせられたり、とりあえず自分も頑張らなきゃって気持ちになるでしょう。

『Round About ~孤独の肖像~』は古臭い感じの音色がたまりません。隠れた名曲と言われることも。

ラストの『Over』には多くの男性が共感できる歌詞が詰まっています。私自身もこの曲を聞くと昔の失恋を思い出します。

このアルバムは全体的にポップな印象なので聴きやすいですし、ベストアルバムなんじゃ?ってほどの完成度だと思います。

ミスチル初心者に特におすすめです。

 

5thアルバム『深海』


深海

次にご紹介しますのは『深海』です。ミスチルの中でこのアルバムが一番だ!最高傑作だ!との声は多いようです。

どのアルバムもそうかもしれませんが特にこのアルバムは1枚を通して物語になっている様な印象を受けます。上手いこと作られていますよ。曲順にしっかり聴き込むことでその意味が分かるかと思います。

インストゥルメンタルの『Dive』から『シーラカンス』への流れで深い海へ沈んだような気持ちになります。

聴くとホッとさせてくれる曲『Mirror』が個人的に大好きです。

『名もなき詩』は桜井さんがこの詩を歌うまでは死ねないと思ったほどの名曲。この曲を上手に歌いこなせたらカッコいいですよね。

現代社会を風刺した『マシンガンをぶっ放せ』もカッコいい曲て耳に残ります。

『花-Mément-Mori-』はミスチルが21世紀に残したい曲として選んだ初期のミスチルを代表する名曲です。

全体的に暗い雰囲気が漂いますが、力強いメッセージの込められたアルバムとなっています。

私も最近になり改めて聴きなおしているところです。

10thアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』


It’s a wonderful world

次にご紹介しますのは『IT’S A WONDERFUL WORLD』です。私はミスチルの中でこのアルバムが1番好きなんです。特にドライブ中に聴くのにピッタリではないかと思います。このアルバムツアーには参加出来なかったのでライブDVD『wonderful world on DEC 21』を何度も繰り返し見ていたのを思い出します。


wonederful world on DEC 21 [DVD]

このDVDもかなりおすすめです。茶髪で短髪の桜井さんを見れますよ。

アルバム深海と同じく、曲順に聴くことで一つの物語になっているような素敵なアルバムです。

インストゥルメンタルの『overture』から『蘇生』の流れで徐々に明るい雰囲気となりアルバムのスタートを切ります。

ライブでもこの流れはお決まりでアンコールに歌われることが多いです。

『渇いたkiss』は男女の別れ際を歌った綺麗なメロディーの曲です。

『ファスナー』はウルトラマンや仮面ライダーなど歌詞が印象的な曲です。

鋭い歌詞の『LOVEはじめました』はライブで披露されることも多く必見です。

『Drawing』ただただ良くて泣きそうになる名曲です。福岡の川沿いを散歩中に作ったというエピソードがあります。

『いつでも微笑みを』は悲しい歌詞を前向きなメロディーにのせた曲です。

ラストは『It’s a wonderful world』もう最高のエンディング曲です。

本当にどの曲も良いですし、私はお洒落なアルバムだなって印象をもっています。

 

11thアルバム『シフクノオト』


シフクノオト

続いてご紹介しますのは『シフクノオト』です。このアルバムはCMが印象的でよく覚えています。床のカラフルなペンキの上へ桜井さんがダイブするやつですね。この撮影で桜井さんが肋骨を骨折したというエピソードも(;^ω^)

このアルバムはシングル曲や、CMソングの沢山入った贅沢な1枚となっております。

『PADDLE』は「笑顔でいりゃ良い事あると思えたらそれが良い事の序章です」って歌詞が心に響く元気ソング。

『掌』『くるみ』は両A面シングルであり雰囲気がまるで違う2曲。

『くるみ』はサビの裏声の部分がhiFと高くて、カラオケでは出せるかどうかいつもヒヤヒヤします。

『花言葉』は別れの切ない詩ですが、シングルでもおかしくないような傑作だと思います。

『空風の帰り道』バイバイがテーマの凄く暖かい曲。これが好だってファンは多いですね。

『Any』はサビの入りが高くカラオケで歌えなかったのを思い出しました。1音目からhiA#を出さないといけないんです。(;´・ω・)

『タガタメ』は強いメッセージで平和を訴える曲。沢山のアーティストにも影響をあたえた名曲です。

それぞれの曲の主張が強くまとまりがないとの声も聞かれますが、それがまたこのアルバムの良さではないでしょうか。

ミスチルの様々な至福の音を感じることが出来ます。

 

15thアルバム『SUPER MARKET FANTASY』


SUPERMARKET FANTASY [通常盤]

最後にご紹介しますのは『SUPER MARKET FANTASY』です。私はミスチルの中で2番目にこのアルバムが好きなんです。このアルバムツアーのライブも凄く良かったので特に印象深いアルバムでもあります。

まず大ヒット曲『HANABI』が入っていますね。最近のカラオケで一番歌われているミスチルの曲のがこれです。ライブではキーを半音下げて演奏されることが多いです。

そして『エソラ』は近年のライブでは定番となりました。20周年ライブでは1曲目を飾ったり最高に盛り上がる曲です。

『声』はこのアルバムツアーのセットリスト1曲目に選ばれた熱い歌です。

『東京』は明るい希望を見出せる曲で東京に住みたくなるかもしれません。

『風と星とメビウスの輪』宇宙空間を思わせる壮大な曲です。ライブDVD映像で聴くと特に最高だと思います。


Mr.Children DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~ IN TOKYO DOME [DVD]

『GIFT』は色々な人へありがとうと感謝の込められたメッセージソング。

ラストは映画の主題歌にもなった『花の匂い』となっています。

アルバムタイトルが物語っているようにキラキラしているポップなアルバムです。

ミスチル初心者にもきっと聴きやすいはず。

 

さて、今回紹介した5枚のアルバムいかがでしょうか?

ミスチルのオリジナルアルバムは、どれも完成度が高いので選ぶのが難しかったですがこの5枚は絶対に聴いてもらいたいですね。

それではルタでした。(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました