【ミックスボイスの出し方】STEP④ ~リップロール~

スポンサーリンク

リップロール

リップロールって知っていますか?息を吐きながら唇をプルプルさせるあれです。

ミックスボイスの出し方STEP2ではエッジボイスについてふれました。エッジボイスは、声帯をプルプルとマッサージしてリラックスさせているようなものです。同じようにリップロールは、唇をプルプルさせることで口や顔の筋肉をほぐしてくれます。

リップロールは、最初はできない人もいますが、練習すればすぐにできるはずです。唇を「ウ」の形にしたまま軽く口を閉じ息を吐き出します。長くリップロールするには息を吐く量を一定にして、あまり出しすぎないようにコントロールする必要があるため腹式呼吸のトレーニングにもなるのです。腹式呼吸は呼気の量を調整したりビブラートをかけるのにも必要であるためマスターしましょう!

ミックスボイスの出し方STEP3では換声点をまたいで音階を上下するトレーニングを紹介しました。なかなか難しかったと思います。ではリップロールをしながらそれをやってみて下さい。

「プ」の発声でリップロールしながら換声点をまたいで音階を上下していくのです。

「プウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ」

みたいな感じになりますね。どうですか?

換声点が隠しやすくはありませんでしたか?

その理由はいくつかありますが、喉に余計な力が入らなくなることが挙げられます。ミックスボイスを出すときに脱力は重要なキーワードです。DREAMS COME TRUE の吉田美和さんもこのリップロールをテレビで紹介されてあるのをみたことがあります。

エッジボイスと同様に歌う前のウォーミングアップとしても最適なんです。

タングトリル

タングトリルについてもご紹介しておきたいと思います。タングトリルとは上顎に舌(タング)を当てて舌を震わせる(トリル)ボイストレーニングです。簡単に言えば巻き舌ですね。椎名林檎さんが曲中に使ったりもするあれですね。わかりますかね?

リップロールが唇をプルプルさせるのに対してタングトリルは下をプルプル?させるような感じになります。タングトリルにも舌や声帯の近くの筋肉をリラックスさせる効果があり、裏声が出しやすくなったり喉が開きやすくなったりする効果が期待できます。

エッジボイス、リップロール同様に歌う前のウォーミングアップに最適です。プロの歌手であれどもウォーミングアップなしに、いきなり高い音域を発声することはできません。

カラオケで実感しませんか?1曲目からキーの高い曲を歌うのはキツイですよね?数曲歌うだけで声の出しやすさが全然違うはずです。もしも自分の歌う順番が回ってくるまでに他の方が歌っていれば一緒に裏声で歌うと良いですよ。リップロール、タングトリルをしながら鼻歌で歌うのもおすすめです。

エッジボイス、リップロール、タングトリルに加え、首を軽く回したり、腕を回して肩の凝りをほぐしたり、ミックスボイスを出すためにもウォーミングアップはとても重要なんです。

ミックスボイスの出し方STEP5へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました