【ミックスボイスの出し方】STEP② ~声帯を閉める~

スポンサーリンク

声帯を閉める

STEP1のホーホートレーニングで裏声の発声に慣れたら次のステップに進みます。ここからは声帯を意識して練習していきます。喉ではなく声帯です。

①まずは声を出さなくていいので軽く息を吸い込み「ハーーーーーッ」と5秒ほど息を吐いてみましょう。

②また声は出さなくていいので軽く息を吸い込み「ハーーーーーッ」と息を吐きますが3秒たったらピタッと止めて下さい。

さて、息を吐くのを止める時に声帯とお腹が動いたのが分かりましたか?とくに感じてほしいのが声帯を閉めて息を止めている感覚です。ピタッと止めるのがコツです。

力はほとんど使いませんね?感覚がつかめるまで繰り返し挑戦してみて下さい。声帯は目で確認ができないので、最初は難しく感じるかもしれません。

今、自分の声帯がどうなっているのか、開いている?閉じている?それが分かるようになればとりあえずOKです。

エッジボイス

次にエッジボイスを紹介します。声帯を閉じたまま「アー」と軽く低い声を出してみましょう。

「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」と扉のきしむような声が出たでしょうか?

古い扉のきしむ音だったり、映画『呪怨』みたいな声だと例えられるこの声のことをエッジボイスと呼びます。喉に力を入れてはいけません。喉が痛い場合はやり方に問題があります。

力を入れるのは、軽く声帯を閉じる力、そして息を支えるお腹の力です。このエッジボイスは歌においてウォーミングアップやクールダウンにも使用されるボイストレーニング方法でもあります。

ここでは声帯の動きを感じ取る手段の一つとしてお伝えしておきます。

息漏れを抑えた裏声

最後に息漏れを抑えた裏声についてです。ホーホートレーニングで出していたような裏声は息が多く漏れていると思います。ホーホーと裏声を発声しながら口の前に手をかざしてみて下さい。呼気が当たるのを感じますよね?

この息の漏れを抑えた裏声を出す練習をしていきましょう。これを行うために必要となるのが声帯のコントロールなのです。自分の出しやすい高さの裏声を出しながら、声帯を徐々に閉めてみましょう。

できましたか?声の響きや音色が変わりましたか?出来た場合は鼻や頭に響くような声になったと思います。口の前に手をかざしてみて下さい。ほとんど呼気を感じなくなったはずです。

なかなかできない人もいるかもしれません。これまで声帯を意識することなどなかった人が急にできるはずもありません。しかし継続して挑戦すれば、ある時、自分でも驚くような声が出せる瞬間が訪れるはずです。

この息漏れを抑えた裏声こそがミックスボイスの元となりますのでしっかり練習して出せるようにしていきましょう。

ミックスボイスの出し方STEP3へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました