【ミックスボイスの出し方 】STEP① ~裏声~

スポンサーリンク

まずは裏声から始めよう

ミックスボイスを出せるようにするには、まず裏声をしっかりと出せる必要があります。なぜならば、ミックスボイスとは地声のような力強い響きをもった裏声だからです。地声と裏声では声帯の使い方、そして使う筋肉が異なります。

ほとんどの人が普段の会話で、地声を使っていますよね?そのため、裏声を出すための筋力はあまり発達していないものです。まずは裏声を地声と同様に、しっかりコントロールできるようにしましょう。

練習しなくても、すぐに裏声をコントロールできる器用な方もいらっしゃいます。しかし多くの人の場合は地声に比べ、裏声では極端に声量が小さくなってしまったり、息が漏れすぎてしまい声にならないなどの問題が出てきます。普段の生活で裏声を使う機会はそうありませんので、それはごく普通のことだと思います。意識的に裏声を使うようにしていけば、だんだんと裏声の声量が上がっていきますし、息漏れの量をコントロールすることもできるようになります。

裏声の出し方

裏声のことを人によってはファルセットとも呼びます。厳密には違うものかもしれませんが、難しい話になってしまうので同じだと考えて問題ないと思います。出し方ですが息を大きく吸い込み、喉をリラックスさせて、息を多めに吐きながら発声します。「ハァー」や「フゥー」のようにため息に軽く声を乗せるようなイメージです。地声とは明らかに違う響きであり、息の多く混じった優しく柔らかい声になります。最終的にはどんな子音、母音でも同じように発声できるようになるのが理想ですが、まずは「ハ」「フ」「ホ」などの息を漏らしやすい発音から始めるのがおすすめです。

 ホーホートレーニング

裏声を効率よく鍛えることのできるホーホートレーニングについて紹介します。難しく考えなくても大丈夫です。息漏れのある裏声で「ホォーーーッ」「ホォーーーッ」とロングトーンで発声するのです。フクロウの鳴き声のようなイメージで行います。

まずは自分の出しやすい高さの裏声から始めるのが良いです。ある程度の声量でやった方が効果的ですが、極端に息の量を強くしたり、喉に余計な力が入らないように気を付けて下さい。

喉がヒリヒリと痛かったりするのはいけません。痛みを感じた場合は出し方に問題があります。無理せずにコツコツと継続することがとても大切です。

ある程度裏声がコントロールできるなら、歌の中で使用して裏声に慣れていきましょう。

下にご紹介する曲は裏声を多用していますので、カラオケで真似て歌ってみて下さい。

裏声の練習曲紹介

尾崎豊 I LOVE YOU


I LOVE YOU

この曲は地声の最高音がmid2F、裏声の最高音がhiAとなっており、キーは歌いやすい高さだと思います。しかし感情を豊かに表現できないと曲の良さが伝わりません。ゆったりとしたバラードですので、裏声部分は優しく切ない音色で発声できると良いです。

 

森山直太朗 さくら


さくら(独唱)

この曲は地声の最高音がmid2F、裏声の最高音がhiCとなっています。そこまで高くはないので、裏声に慣れていなければ練習にちょうど良いのではないかと思います。地声から裏声へ行ったり来たりしますので、そこの切り替えがスムーズにできるようにして下さい。

 

Rake 100万回の「I love you」


100万回の「I love you」

この曲も『さくら』と同じく地声の最高音がmid2F、裏声の最高音がhiCとなっています。テンポが速く、裏声部分が多い分『さくら』よりも難易度が高めです。喉を開く意識をもつとRakeさん風の声に近づけます。また息継ぎをしっかりしながら歌って下さい。

 

EXILE Pure


Pure / You’re my sunshine

この曲は地声の最高音がmid2G、裏声の最高音がhiCとなっています。地声のmid2Gが出てくるのでキツイかもしれませんが喉を閉めないように気を付けて歌いましょう。地声のmid2Gが出ない人はそこも裏声で出せば大丈夫です。

 

米良美一 もののけ姫


もののけ姫(ヴォーカル)

この曲は地声で歌うところが全くなく、終始裏声で歌唱されています。裏声の最高音がhiD#となっていますのでけっこう高いです。裏声の練習にはもってこいの曲だと思います。しっかりと息を吸い込み腹式呼吸で歌うようにして下さい。

さて、どの曲も質の高い裏声が多用されています。全て男性の曲でしたが、あなたの好きな女性歌手の曲を裏声で歌ってみるのも良い練習になるはずです。ぜひ挑戦してみて下さい。

というわけでミックスボイスを出すために、まずは裏声を自由自在に操れるように練習しましょう。

ミックスボイスの出し方STEP2へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました