ミックスボイスを手に入れるのに超おすすめの本(CD付き)を2冊紹介します。

スポンサーリンク

『ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト 養成術』

以前の記事にも出てきた『ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト 養成術』というボイストレーニングの本をまずはおすすめさせて頂きます。高い声が出せずに何年も悩んでいた私はこの本を手に入れてから変わることができました。私がミドルボイス(ミックスボイス)をつかむきっかけを与えてくれた本です。

著者はロジャー・ラヴという外国の方です。日本初登場のトレーニング方法を高田三郎さんが推薦・監修して本にまとめてあります。

高田三郎さんはサウンドクリエイター活動の他、浜田省吾さんをはじめ有名アーティストのツアーやレコーディング、TV番組等にサポートヴォーカリストとして多数参加されある方です。

既存の教則本とは異なる斬新な方法でビブラートやミドルボイスについて練習できるほか、ステージでの体の動かし方、舞台恐怖症への対処法、ボーカリストが口にするべき飲食物など、今まで触れられることのなかったノウハウがたっぷり詰まった一冊です。

付録のCDではロジャー・ラヴ氏の声を実際に聞くことができ、まるで専属のコーチが優しく教えてくれているかのような内容です。全て英語ではありますが、本には日本語訳が載っていますし非常にわかりやすいと思います。「Goog」「Gug」「Mum」「No」「Nay」「Nah」「Geee」など様々な発音でのスケール練習は喉の柔軟性を高めるのにとても効果的です。またロジャー・ラヴ氏の発声をよく聴き真似ることでミドルボイスのコツがつかめるのです。

歌唱は本来ならばプロのボイストレーナーによりマンツーマンで指導してもらうのがベストでしょう。しかし時間や金銭面などで厳しい方にとってはうってつけの本なのです。

私は今でもこちらの本を大切にし、発声に迷った時には読み返しています。またCDのスケール練習はいつまでも役立てることができるものでしょう。


“歌う力”をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)

『高い声を手に入れる 奇跡のハイトーンボイストレーニング 』

そして私がミックスボイスを練習するうえで、大変お世話になった本がもう一冊ありますのでそちらも紹介させて下さい。『高い声を手に入れる 奇跡のハイトーンボイストレーニング 』という本です。

私は『ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト 養成術』でミックスボイスのきっかけをつかみ、『高い声を手に入れる 奇跡のハイトーンボイストレーニング 』でミックスボイスの完成度を高めることができました。

著者は弓場徹(ゆうばとおる)という方です。

発声研究家。三重大学教育学部教授。東京大学医学部客員研究員。声楽家。日本耳鼻咽喉科学会員。日本音声言語学会員。全米音楽教育学会員。と様々な肩書きを持つ弓場さんは、紅白出場歌手やミリオンセラーの歌手も指導を仰ぐボイストレーニング界の重鎮と言われています。

自身が若いころ無理な発声で音声障害になったことをきっかけに、理想的な発声技法を求め科学的な研究を始めたそうです。そして「歌う筋肉」が発声のカギであるという「YUBAメソッド」を確立しました。

弓場さんは様々なボイストレーニング本を出されていますが、私が一番使いやすかったのがこちらの本です。


CD付き 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

付属のCDでは弓場さんのお手本の発声を聞くことができます。CDのお手本を真似ながら様々なメロディーを、地声(この本ではオモテ声と呼ぶ)とウラ声で発声していきます。

この本にはミドルボイスやミックスボイスの言葉は出てきません。代わりに「換声点を目立たなくする」「両方の声を強めよく混ぜて一体化する」との表現が使われています。まさにミックスボイスのそれですよね。ちなみに換声点とは声がひっくり返るポイントのことです。その声がひっくり返るポイントを隠すことがミックスボイスに繋がるのです。ではどうやったら換声点を隠せるのでしょうか?

地声と裏声を混ぜたような声が出せれば換声点を目立たなくできるのです。

その地声と裏声を混ぜたような声を出すための発声練習が必要です。

CDに沿って弓場さんのお手本の発声を真似続けることで、地声と裏声を混ぜたような声がわかってきますし、換声点を目立たなくすることも可能になります。

私はこの本のおかげで高い声で歌えるようになりました。今でもこのCDをトレーニングや、歌う前のウォーミングアップに使用させてもらっています。ぜひチェックしてみて下さい。

それではルタでした。(^^)/

ミックスボイスを出せるようになって思うこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました