L’Arc~en~Ciel 絶対に聴くべき名曲10選

スポンサーリンク

L’Arc~en~Ciel 絶対に聴くべき名曲10選

L’Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)

・ボーカル:hyde

・ギター:ken

・ベース:tetsuya

・ドラム:yukihiro

この4人で構成される世界的に大人気のバンドです。

1994年にメジャーデビューを果たしたL’Arc~en~Ciel

現在までにシングルが41枚、オリジナルアルバムが12枚、ベストアルバムが4枚リリースされています。

私がラルクを知ったのは中学生の頃でした。ラルクの4thアルバム『True』が大ヒットした頃です。


True

早いものでラルクにハマり20年以上が経ちました。素晴らしい楽曲がたくさんあるわけですが、中にはファンにしか知られていないような名曲もたくさんあります。

そこで今回はシングル曲を除いた、L’Arc~en~Cielの名曲を10曲ご紹介させて頂きたいと思います。

 

Voice

この曲は、ラルクがインディーズバンドとして大阪を本拠に活動していた時期に唯一リリースされたアルバム『DUNE』の2曲目に収録されています。イントロのギターがカッコよくて印象的です。


DUNE 10th Anniversary Edition

 

Blame

この曲は2ndアルバム『Tierra』の3曲目に収録されています。アコギから静かに始まり、サビで一気に盛り上がる曲です。ラルクらしい幻想的な雰囲気が漂い、特にベースラインがめちゃくちゃカッコよくて大好きです。


Tierra

 

ガラス玉

この曲は3rdアルバム『heavenly』の3曲目に収録されています。序盤は静かな波の音とギターのアルペジオが美しく響き渡ります。サビに入ると一変し大きな盛り上がりを見せます。神秘的な世界観とダークな歌詞が初期のラルクらしいです。


heavenly

 

賽は投げられた

6thシングルの『Lies and Truth』のカップリング曲です。2006年に行われたライブ『15th L’Anniversary Live』の演奏曲目リクエスト投票では8位になっている隠れた名曲と言えるでしょう。


Lies and Truth

 

What is love

こちらは6thアルバム『ark』の10曲目に収録されています。同性愛がテーマの曲らしいです。爽やかで綺麗なメロディーにhydeさんの美しいファルセットも相まって完成度の高い一曲ではないでしょうか?


ark 15th Anniversary Expanded Edition (DVD付 期間限定生産)

 

It’s the end

こちらは7thアルバム『ray』の2曲目に収録されています。作曲はkenさんで、得意のダークでありながらも美しいギターサウンドが心地よい名曲です。タンバリンの音色も特徴的ですね。


ray

 

Sell my Soul

こちらも7thアルバム『ray』の4曲目に収録されています。おなじく『ray』に収録されている『いばらの涙』と同時に制作されたらしく、この2曲は双子なんだそうです。ジャズテイストの落ち着いた曲で聴けば聴くほどハマってしまいます。下に紹介するライブDVDのテイクがおすすめです。

TOUR 2008 L’7-TRANS ASIA VIA PARIS- [DVD]

ROUTE 666

こちらは8thアルバム『REAL』の8曲目に収録されています。作詞、作曲共にhydeさんによるものです。アップテンポなロックナンバーで超カッコいいです。メンバーの演奏技術の高さを感じれる一曲だと思います。


REAL

 

Time goes on

可愛いイントロから始まるこちらは作詞、作曲共にtetsuyaさんによるものです。9thアルバム『SMILE』の5曲目に収録されています。サビのコーラスやハモリが凄く素敵な名曲です。ソロ活動においてtetsuyaさんがセルフカバーされています。


SMILE

 

LOST HEAVEN

こちらは10thアルバム『AWAKE』の2曲目に収録されています。作曲のkenさんのセンスが随所に感じられます。yukihiroさんはレッド・ホット・チリ・ペッパーズを意識して跳ねるようなドラムを演奏したそうです。とにかく全体を通してカッコいい楽曲です。


AWAKE

 

さて、いかがだったでしょうか?

シングル曲を除いた、L’Arc~en~Cielの名曲を10曲ご紹介させて頂きました。どの曲もファンにとっては知らないはずもない楽曲ばかりではありますが、ファン歴の浅い方には初めての曲もあったかもしれませんね。

ラルクはメンバー4人全員が作曲できますし、音楽性の幅が広く、バラエティーに富んでいて色々な世界観を楽しめますよね。

改めてラルク最高だと感じたルタでした。

hydeさんの喉について

コメント

タイトルとURLをコピーしました