地声で出すことは不可能? 【最高音がhiA#の曲を紹介します】

スポンサーリンク

hiA#を地声で出すことは不可能?

男性の喉の構造からしてhiAを超える音域になってくると、純粋な地声(チェストボイス)での発声は不可能だと聞いたことがあります。声帯がとても短かったり薄かったりと、特別な声帯を持った一握りの人間には出せる場合もあるみたいですが…

プロの歌手であっても純粋な地声でhiA#を出している方はほとんどいないはずです。やはり地声でのhiA#は、喉への負担が大きすぎるのです。地声を張り上げて出すのは止めてミックスボイスを習得しましょう。

ミックスボイスって何?って方はこちらもどうぞ

では今回は地声の最高音がhiA#の楽曲を紹介したいと思います。

最高音がhiA#の曲を紹介

GReeeeN キセキ


キセキ

GReeeeNの代表曲ですね。『愛唄』に比べるとまだ歌いやすいですがやはり全体的に高いです。サビの前にhiA#の高さが出てきます。

「め ぐーりあえーた それってきせきーこの赤文字の部分がhiA#です。

 

レミオロメン 太陽の下


太陽の下

個人的には『粉雪』よりも好きなのがこの曲です。サビ中に何度かhiA#が出てきます。ボーカルの藤巻さんの発声は喉が開いており柔らかい声質なので、真似て歌うとミックスボイスが出しやすくなると思います。

「わらって こころーらいたら」この赤文字の部分がhiA#です。

 

T.M.Revolution INVOKE -インヴォーグ-


INVOKE -インヴォーク-

圧倒的な歌唱力の持ち主である西川さんのミックスボイスは非常に力強いです。しかし決して喉に力を入れて歌おうとしてはいけません。ミックスボイスにおいて脱力は重要なキーワードです。

「はーやーすーぎーるーときの」この赤文字の部分がhiA#です。

 

槇原敬之 どんなときも


どんなときも。

ずいぶん昔の曲ですが大好きな曲です。イントロから神曲だと感じますよね!槇原さんのミックスボイスは完成度が高いです。ここに紹介する中では一番難しい曲だと私は思います。槇原さんは裏声ベースのミックスボイスなので、低い音域から裏声を混ぜて発声するイメージで歌いましょう。

「ぼくが ぼくらしくるためにー」この赤文字の部分がhiA#です。

 

Mr.Children Any


Any

この曲はサビの1音目がいきなりhiA#となっています。そのためこちらも非常に難しいです。桜井さんの発声はあまり喉が開いてるようには聞こえません。あえて地声を張り上げ気味に発声し歌を表現しているのかもしれません。普段の喋り声から高い桜井さんの喉だからこそできる歌唱法だと思います。

いーまー ぼくーのー いるー ばーしょがー」この赤文字の部分がhiA#です。

 

Mr.Children 君がいた夏


君がいた夏

ミスチルのデビューシングルです。サビの終わりの方に毎回hiA#のロングトーンが登場します。

「なにもー かわらーなーいーーーこの赤文字の部分がhiA#ロングトーンです!

個人的には単発で瞬間的に出てくるhiA#よりも、このようなロングトーンのhiA#の方が歌いやすく感じますが、皆さんんはいかがでしょうか?

 

以上、私のおすすめする地声hiA#が登場する曲の紹介でした。

この高さを出すときにキツイと感じるならばミックスボイスがまだ不完全なのかもしれません。喉に余計な力が入っていたり、地声で張り上げようとしているのかもしれません。喉に負担の少ない発声を心がけましょう。

地声最高音がhiBの曲はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました