汎発性脱毛症? 【円形脱毛症になった話⑤】

スポンサーリンク

汎発性脱毛症?

2019年 9月

夏場の筋トレ、ランニングの効果でしょうか。体がたくましくなったと言われるようになりました。髪の毛はというと、白い産毛が生えてはいるものの、それがほとんど伸びない状態が続いていました。それから眉毛や陰毛まで薄くなっていました。

これはもう汎発性脱毛症(ばんぱつせいだつもうしょう)に近づいているようでした。円形脱毛症の最高峰のやつです。(;´Д`)

皮膚科に通わなくなった私は、円形脱毛症についてインターネットで調べまくり、自分でできることをやっていました。髪のため、体のためにも良いとされる様々な情報がみつかりました。その中でまず取り組んでいるのが体を温めることです。

体を温めて血流を良くすることで、血液が頭皮に栄養を届けてくれます。

・毎朝お湯を飲んで胃の中を温める。

・生姜湯を毎日飲んで体を中から温める。

・晩御飯は鍋にする機会を多くした。

・ランニングをして体を温める。

・お風呂では湯船にしっかり浸かる。

昔から平熱が低く風邪をひいても熱が出ることのない私は、体温を計る機会がほとんどありませんでしたが、毎日体温を計るようになりました。

円形脱毛症の原因は免疫機能の異常と言われています。免疫力を高めることも必要だと考え、体を温めることと、食事内容にも気を使うようになりました。免疫力と腸内環境には密接な関係があるようです。私は食事をしてはすぐに下痢をしてしまうなど、日頃から腸には不安を抱えていましたので、この機会に腸の健康も取り戻したいと思いました。

アマゾンのレビューで、大変好評だったためこちらのお薬を飲んでいます。蒼井優さんのCMもあってなんだか信頼がおけます。


大正製薬 新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

 

食べ物では発酵食品が腸内環境を整えるということで、納豆を毎日かかさずに食べています。チーズキムチも食べるようにし、味噌汁甘酒なんかも積極的に飲んでいます。

他にも免疫力を高める食べ物として、キノコ類を食べるように心がけています。アーモンドクルミ黒ゴマプルーンなんかも髪に良いとのことだったので、業務スーパーで大量買いして食べています。

そんな自分なりにできる努力はやっていますが、やはり少しでも早く治したいわけです。それならば、やはりきちんと病院の治療を受けるべきだろうかと悩みました。以前の皮膚科にはトラウマもありましたので、円形脱毛症に詳しいであろう他の皮膚科を調べまくりました。

そして、現在私が現在通っている皮膚科に行きついたのです。そこの先生はよく話を聞いて下さいますし、治療の方法もわかりやすく丁寧に説明してもらえました。そして局所免疫療法なる治療を開始しました。

局所免疫療法

局所免疫療法とは、人工的にかぶれを起こして発毛を促すという治療なんです。 かぶれはSADBEという物質で誘発します。「サドベ療法」と呼ばれたりします。

日本皮膚科学会の提唱する治療ガイドラインでは、推奨度Bに分類されており、安全性も高い治療法なんだそうです。脱毛が起こっている部位では、毛根周囲にT細胞と呼ばれる免疫細胞が集まっています。そのT細胞が毛根にある毛を作る細胞を破壊し、その結果脱毛しているのではないかと考えられています。局所免疫療法では皮ふにかぶれを起こすことで、これらのT細胞を皮ふ表面に呼び寄せ、毛根の破壊を食い止めるといわれています。

私はこのサドべ療法にかけてみることとしました。

飲み薬と、塗り薬も併用して治療を行っています。飲み薬は以前の病院でも出されていた「セファランチン」「グリチロン配合錠」です。塗り薬として『アロビックス』なるものが出されました。

アロビックスの適応疾患は、脱毛症(円形・悪性・びまん性・粃糠性・壮年性・症候性)など、乾性脂漏、尋常性白斑と記載されています。局所の血管を拡げ、皮膚への浸透性がよく、作用は持続的という特徴があります。主成分の塩化カルプロニウムは、アセチルコリン様の作用があり、血管を拡張させて、血流をよくすることで、脱毛症の改善に効果が期待されています。

風呂上がりに頭全体に塗っているのですが、スースーして寒気がすることもあります。(>_<)

塗りすぎなのかな…

ちなみにサドベ療法と、ステロイドは相反する治療であるため、同時に行わないとの説明もありました。

気長に継続して治療していきましょうとのことです。

円形脱毛症になった話⑥へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました