原因はストレス? 【円形脱毛症になった話②】

スポンサーリンク

原因はストレス?

いくつもの円形脱毛症ができてしまった私は皮膚科を受診しました。

先生から「何かで苦労なさってるんですか?」との質問。「そうですねぇ」と私。

やはり円形脱毛症といえばストレスが原因なのでしょう。私は仕事でもプライベートでも問題が山積みで大きなストレスを抱えていました。性格的に物事を受け流して考えることが下手なんです。

レンズで頭皮の状態を目視してもらい、髪の毛を軽く引っ張られます。どういう状態なんだろう?

機械で患部に光を当てる治療を行うとの説明がありました。紫外線療法とのことです。免疫反応や細胞の増殖を抑えて皮膚病を治す治療法だそうです。別室に案内されその機械の前に座ります。

「光を当てていきますので目をしっかりと閉じていて下さい」と看護婦さん。

少し怖かったですが、一刻も早く治したい一心で頑張りました。とは言っても痛くも痒くもありませんでした。患部にバーコードリーダーみたいなものを当てて「ピーッ」と音が鳴ります。脱毛部1か所に対して2,3回それが繰り返されました。ほんのり温かい熱を感じるだけで終わります。

「2日間、患部の状態を気にかけて下さい。人によっては肌が炎症を起こしてヒリヒリしたり水ぶくれが生じる場合もあります。」と先生。私の場合少し肌が赤くはなっていましたが特に問題はありませんでした。

後日、本格的に治療が始まりました。紫外線療法については1、2週間に1度のペースで行っていくとのことでした。

塗り薬と、飲み薬の服用も始まりました。塗り薬は『トプシムローション』なるものが出されました。合成副腎皮質ホルモン剤で抗炎症作用があり、発赤、はれ、かゆみなどの症状を改善するそうです。通常は湿疹・皮膚炎群、よう疹群、乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症、尋常性白斑の治療に用いられています。

簡単に言うとステロイド?のようですね。ステロイドって私はなんだか怖いイメージを持っていましたので、抵抗があったのですが使うしかありません。1日2回患部に塗布します。目に入らないよう十分に気を付ける必要があります。

飲み薬は『セファランチン』『グリチロン配合錠』の2種類。まず『セファランチン』ですが、抗アレルギー作用、血液幹細胞増加作用があり、造血機能の回復を促進するほか、末梢血管を拡張・末梢循環障害を改善して毛根などに栄養を供給してくれるそうです。通常は円形脱毛症・粃糠性脱毛症、放射線による白血球減少症の治療に用いられています。

そして『グリチロン』ですが、炎症やアレルギーを抑える作用、肝細胞の増殖を促進する作用などがあり、肝臓の炎症を抑え、肝臓の働きを改善するほか、皮膚の炎症を抑え、湿疹や皮膚炎などを改善するそうです。通常は慢性肝炎における肝機能異常の改善、湿疹・皮膚炎、小児ストロフルス、円形脱毛症、口内炎の治療に用いられています。毎食後にそれぞれ1錠ずつ服用するように指示されました。

シャンプーも変えました。色々と調べていくつかのシャンプーを試したのですが、こちらのシャンプーはワンプッシュで泡立ちが良く、コスパに優れているためとても気に入っています。


田村治照堂 ハツモール 薬用スカルプシャンプーEX 500mL

これで治ればいいのだが…

円形脱毛症になった話③へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました